2006年05月22日

45thShizuokaHobbyShow2006 その2

45thShizuokaHobbyShow2006 その1の続きです。

Robonova以外に気になったロボットをいくつか
紹介したいと思います。

まずは、SystecAKAZAWAという会社から
参考出品していたPLENです。
SHS2006-04.jpg
このロボットよく見ると足にローラースケート状のものを
付けてたりしてます。
SHS2006-05.jpg
で、これが本当にキレイにローラースケートをするのですよ。
SHS2006-06.jpg
動画で見せれないのが残念です。
公式サイトのhttp://www.plen.jpには動画や仕様が載っていますので、
そちらを見てください。
この、PLENですが全長が228mmと小さい割にはフレームが
アルミ板の切り出しではなくダイキャスト製みたいので頑丈そうだし
全体のバランスが良い感じがします。
ただ、一番の問題は値段で、25万もするそうです。
ついついメーカーの説明担当者に「コントローラーも無しで25万も
するなら、AIBOみたいにインタラクティブな反応(プチAI)が
無いと辛くねぇ〜?」と言ってしまいました。
そしたらメーカーの人も「そうですよね〜。」と言ってました。

続いて、国産プロポメーカーのFutabaのブースにあったRC30です。
SHS2006-07.jpg
このロボットはフレームが全て樹脂パーツだそうです。
SHS2006-07.jpg
ただ、これも発売するなら20万くらいと言ってました。
まあ、コントロールボードがちゃんとケースに入ってるなどして
組み立てやすさや扱いやすさを考慮した分が値段に反映されてるのかも
知れませんが.....
SHS2006-09.jpg
それに、股関節のサーボが専用設計になっていてるようです。
SHS2006-10.jpg


まあ、そんなこんなですが45thShizuokaHobbyShow2006の感想でした。
他にも色々とロボット関係の出品はありましたがとても書ききれないので、
そのへんはYahoo等で検索してださい。
posted by MightyBlow at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18236041

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。