2006年12月19日

RoboZak22号

二つの足で立つこともなく
二回目の年末を向かえました。
そんなRoboZak22号です。
RoboZak22-1.jpg

目次です。
RoboZak22-2.jpg

パーツです。
RoboZak22-3.jpg

今回の組み立てはマイコンボードを背中に
取り付けるのですが、電子部品が剥き出しのまま
ってのもイヤなので、取り付けませんでした。

しかし何だねぇ。
Robozakにおいて頭脳であり心臓でもある電子パーツなのに
クオリティが低い感じがします。
RoboZak22-4.jpg
まず、スイッチがハンダの熱でやられたかのような
ヨゴレが付いてます。
それから画像では分かり辛いと思いますが、
赤く囲った部分のプリント基板に糸を引いたような
変な部分があります。
これが「コリアン・クオリティ」ってやつなのでしょうか?
現時点でボートの動作確認が出来ないのが不安です。

次回は来年1月9日発売の23号です!!

今までの合計金額45,580円。


posted by MightyBlow at 00:00| Comment(2) | TrackBack(2) | Robozak | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、お久しぶりの匠です。
自分はマイコンボードをじっくり見る事無く取り付けてしまいました。
裏側を見たらやっぱり汚れみたいのがついていいるのかなぁ?
でもまぁ、もう取り付けちゃったから気にしないことにします(^^;

そうそう、取り付ける時の第一工程「LEDを取り外す」の、コネクターはつまめませんので要注意です(笑)
Posted by at 2006年12月22日 12:49
>>匠さん
コメントありがとうございます。
マイコンボードは現状では動作確認が出来ないのが、
不安をつのらせますよね(^^;;
出来る人なんかだとPCと接続して動作させたり
してるようですが...

LEDのコネクタですが、自分も悩みました。
隙間に精密ドライバを差し込んだら以外と簡単に抜けましたが。
デアゴもこの辺をちゃんと説明してもらいたいものです。
Posted by MightyBlow at 2006年12月26日 22:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ROBOZAK製作記 22号
Excerpt: なんだかんだと言いながらも、年賀状より先にちゃんと製作をした。えらいぞ、私。 2
Weblog: 匠の雑記帳
Tracked: 2006-12-22 12:52

ロボザック 第22号
Excerpt: 今号の内容   ・ステップ・バイ・ステップ マイコンボードを取り付ける ・ロボット科学最前線 生物が歩く仕組みを応用..
Weblog: 記事-JMaster's BLOG-RoboNavi
Tracked: 2006-12-22 22:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。